SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

幼なじみからの恋愛相談。 相手は俺っぽいけど違うらしい

[著者:ケンノジ/イラスト:やとみ/角川スニーカー文庫]

 結論から言うと「いや、違わないだろ」。読んでいて、どう捉えるのが正解なのが正直物凄く戸惑った。栞が本心を伝えるのが超絶ヘタクソなのか、隆之介の方が気持ちを読み取れない鈍感野郎なのか。

 まあ、隆之介の方を責めるのは酷だとは思うんですけどね。何度も「俺の事?」と聞いてみたいんだけど、幼なじみであるが故の近い距離感が、どうしても妨げになってしまう。この辺りの躊躇いと葛藤の様子は、実に巧く描かれているなと思いました。

 要は栞がさっさと言えば良いんですよね。でも、何故か告げる事をしないから、面倒臭くこじれている。一番分からないのは、栞の気持ちなのかも。