SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

高嶺の花の今カノは、絶対元カノに負けたくないようです

[著者:とーわ/イラスト:Rosuuri/角川スニーカー文庫]

 元カノと今カノの間に挟まれ翻弄される系なお話。主な原因は、元カノの霧が薙人を振った理由がハッキリしないまま、希と半ば勢い任せな状況で付き合い『今カノ』になってしまったから。ただ、決して薙人が不誠実でいい加減な男なのではない、と言う事だけは彼の名誉の為にも断言しておきたい。

 何と言うか、やっぱり『霧は何で薙人を振ったのか?』がずっと曖昧なまま話が続くせいか、もやもやした気持ちが募るんですよね。どう見ても、明らかに薙人に未練があって、今でも間違いなく恋愛感情として好きな想いを残しているもんだから。

 事情がハッキリするのは、終盤の過去の霧視点のエピソードが語られた後。要は『売れっ子若手人気女優』であるが故の問題、って感じでしょうかね。薙人と仕事のどちらを取るか、みたいな問題になって来るので、これは非常に難しい所だなあ。それでも好きな想いを断ち切れないのが余計に辛い……。