SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

貴サークルは“救世主”に配置されました2

[著者:小田一文/イラスト:肋兵器/GA文庫]

 ヒメが転生を繰り返して、魔王による世界崩壊の危機に立ち向かい続けている事や、現在の世界で魔王復活による世界滅亡の危機に晒されている事や、ナイトの同人活動が魔王復活と世界滅亡を防ぐ切り札であり、彼こそが『救世主』であると言う事。

 今回、これらの件にほとんど触れておらず、魔王関連の要素がヒメの過去回想以外で絡んで来ることもあまりなく、結局『弱小同人サークルが同人活動を頑張る』“だけ”の話になっちゃってました。

 悲喜こもごもの同人活動を通じての、きついながらも楽しい同人イベントの『空気感』は堪能出来ると思います。ただ、個人的にこの物語に求めていたモノ=ヒメの転生とナイトの救世主と同人活動と魔王復活、この辺りの関連性からの掛け合わせの様子が全然見られなかったのは、結構残念な所でした。

 文芸先輩の『魔女』の部分や、ずっと謎な存在を匂わせているフード女子中学生(確か魔王の転生体……だったはず)などは、今後ヒメの使命とナイトの救世主な要素と絡めて行って欲しいですね。

既刊感想: