SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

処刑少女の生きる道4 ―赤い悪夢―

[著者:佐藤真登/イラスト:ニリツ/GA文庫]

 それぞれに抱える事情や思惑が、かなり複雑に絡み交わりを見せていました。おそらく、アカリの行動理由がメノウの心に届いてしまった事が、様々な影響を及ぼしたように思いました。

 メノウの立場で見ると、アカリをどう扱い接して行けばいいのか、心の奥底では葛藤が渦巻いているようにも感じられました。表向きそうは見えなくて、最終目的が殺す事に変わりはないとしても、簡単に手を下せるかと言えば、今となってはそうは行かないでしょう。

 面倒な相手も次々とメノウに関わって来ます。モモとアカリの逃亡珍道中なんて、実に些細な出来事だったと思わされる程に。『万魔殿』とマノン、『盟主』、サハラ、『陽炎』……今回のメノウは、行動を制約された上に、相当対処にてこずって苦戦している感じでしたよね。

 実力差を見ても厳しい相手たちだし、単純に『敵』と区別するには、あまりに複雑な事情を抱え過ぎている。この先、誰がどう動いて、どんな展開を繰り広げて行くのか、予想しにくい雰囲気になって来ました。

 導師『陽炎』には同調しないと決めたメノウ。とは言え、アカリの思惑を知った今、彼女はどう行動すべきなのか。掲げた目的からは遠ざかりつつあり、常に劣勢を強いられる状況の中で、何を求めどこを目指すべきか。注目して追って行きたいですね。

既刊感想: