SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

俺は星間国家の悪徳領主!3

[著者:三嶋与夢/イラスト:高峰ナダレ/オーバーラップ文庫]

 『案内人』 出番ないのに 大ダメージ

 全然表に出て来なくて、リアムが恩人と勘違いしたまま思い返すだけで、もう彼に手を出すのは諦めたとのかと思ってました。まあ、今回の最後の最後でリアムに執着し過ぎる姿が見られたので、ちょっと安心?しましたけど。

 と言っても、大体『案内人』自身が策におぼれて自滅するパターンなので、次回もそうなるんじゃないかなあと予想してますど。ただ、今度はかなり慎重に丁寧に事を運んでいるようなので、リアムを一瞬でも焦らせる事が出来るか……無理だろうなあやっぱり。いつもより余計に策を練っているので、その分何倍もしっぺ返しが来そうな気がします。楽しみですね。


 今回はリアムの『幼年学校編』。入学から卒業まで一気に駆け抜けます。リアム自身は『凄い悪い事をやっていると思っている』のに、全部が全部『善行』にすり替わってる所は相変わらずで。その辺りの見せ方はやっぱり凄く面白いですね。読んでいて引き込まれます。

既刊感想: