SIDE ONE ~小説の感想を日々書き連ねる~

小説の感想を日々書き連ねるブログ

とらドラ!4

[著者:竹宮ゆゆこ/イラスト:ヤス/電撃文庫]

 確か前巻からの流れで、本当に亜美の別荘へ行く事になった話。何だかんだ仲良しグループっぽくなって来たじゃないか、と。今回の竜児と大河の大作戦は、「そんなんでうまくいくのか?」的な、割と大雑把な内容に見えてしまったわけですが。

 それ以前に、竜児と実乃梨・大河と北村が恋愛感情的な部分で接近するイメージがさっぱり湧かない。この、どうにも動かしようのない現状自体が問題な気もするんですよね。

 茶番劇的な幽霊騒動で、果たして進展らしい進展はあったのか? 結果を言うと、実乃梨の内面に関しては意外に本音らしき所が結構見えたように思いました。普段おちゃらけてばっかりので、ちょっと新鮮な印象だったかも知れません。

 幽霊の『見えるか見えないか?』『存在するかしないか?』を、恋愛感情に置き換えて語っている辺りは、なかなか奥深さも感じさせられるものでした。まあ今の所、竜児にとっては現状維持が精一杯と言った所でしょうかね。

既刊感想: