SIDE ONE ~小説の感想を日々書き連ねる~

小説の感想を日々書き連ねるブログ

W県警の悲劇

[著者:葉真中顕/徳間書店]

 事件の中に仕掛けられている『意外な展開、意外な結末』がテーマの短編集。タイトル通り、どれも『W県警』内での出来事で、各エピソード間に様々な人間関係が意外な所で絡んでいるのも本作の特徴と言える所。

 どれもなるほど意外性があって絶妙に捻りが利いた展開で面白いものでした。個人的に特に気に入ったのは第二話の交換日記で、思わずそこだけ再読してしまうほどに「あっ」と意表を突かれる展開で印象に残りました。

 あと、人物で特に印象的な所を挙げるとしたら女性警視の菜穂子かな。警察組織で『女性蔑視』を改革しようと言う意気込みや上昇志向に、ちょっとした“危うさ”も抱いていたもので、まあこの辺は割と予感的中と言った感じだったでしょうかね。

 ネタバレ配慮で一応伏せますが、まさか最も猟奇的な『彼女』がラストでこんな風に関わってくるとはね……背筋が凍りましたが、何故か意外と後味は悪くなかったです。『彼女』の凶行に対して、納得出来る一種の正当性を感じられたから、だったのでしょうかね。