SIDE ONE ~小説の感想を日々書き連ねる~

小説の感想を日々書き連ねるブログ

冴えない彼女の育てかた10

[著者:丸戸史明/イラスト:深崎暮人/富士見ファンタジア文庫]

 本編で不足していた『詩羽成分』の補給と、“ラスボス”の影響で沈みゆく彼女の救済の回。確か本編では初お目見えだった紅坂朱音、過去に短編エピソードで見せたまんまの激しい悪意をまき散らかしていました。

 ただ、元々ゲスな性分なのか、それともあえて『必要悪を演じている』のか、おそらく両方な気はするんですが、どちらが朱音の“本心”なのかはちょっと判断に迷う所でもありましたね。

 朱音は好感度を一旦一気に下げ切った後に爆上げする見せ方をしていて、もしかしたら実力が確かなクリエイターには成長を期待してこんな接し方をしているのかもな、と。

 良くも悪くも多大な影響を浴びてしまった詩羽と接して、彼女の為に懸命になった後で朱音と言葉を交わして、果たして倫也はクリエイターとして何か成長を得る事が出来たのかどうか。