SIDE ONE ~小説の感想を日々書き連ねる~

小説の感想を日々書き連ねるブログ

ストレイト・ジャケットフラグメント3 テンリンのサガ ~THE GENIUS~

[著者:榊一郎/イラスト:藤城陽/富士見ファンタジア文庫]

 前回の短編集専属キャラことGGことギルバート・ギブスンが、そういや長編9巻で登場していたなあって事に触れ忘れていたのを思い出した。

 資格者になったGGは、どうやらロミリオよりもロン側の立場を選んだようで。まあ今回の話とは全く関係ないんですが、短編キャラが長編の話に影響を与える事もあるらしいと言う事で一応。

 今回の短編は、主にレイオット専属のモールド整備士ジャックがメインの立ち回りっぽく、フィリシスやレイオットを絡めた『天才』と『秀才』の差異を描く事が主なテーマだったのかなと思いました。

 この辺のエピソードも本編ではなかなか描く余裕もなさそうな所で、ジャックと姉弟子エヴァとの対比による微妙な関係性などは興味深い内容でした。二人の師匠のルイーゼが『天才』と『秀才』を語る部分も、それぞれの本質の良し悪しを知れたと言う意味で面白い手応えだったでしょうかね。