SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

ファルティマの夜想曲 恋するカレン

[著者:葉山透/イラスト:増田メグミ/B's-LOG文庫]★

 娼婦の娘が三人の美男を翻弄してしまうお話。同時に娼婦の娘が三人の美男に翻弄されてしまう話。

 主人公のカレンが誰を想うか? 誰を選ぶか? 逆にカレンをとりまくフィル、ルーイ、キースの美男達が彼女に何を求めるのか? 終始興味はこの辺りに向けられていて、三人の気持ちに対してカレンの心が迷うような、そんな展開を想像してた。

 得体の知れない流れ者のキースに惹かれてくのか? とか、ルーイは立場的に表に出さないだけで密かにカレンを想っているのか? などなど。でも徐々に浮かんで来た相関関係はもっとずっと分かり易く、至ってシンプル。

 カレンが自身の恋に迷い戸惑う描写は想像通りだったけど、美男三人の立ち位置が結構想像と違ってた(こういう男女対比だから絶対奪い合うもんだとばかり……)。最初から既に“役割”決まってたんだねぇ。

 養われている年上の娘の恋をして、その娘は毎日誰かに抱かれる為に仕事に赴き、それでも長年想い続ける事が出来る。フィルがどれだけ苦しく身悶えしながらカレンを好きであり続けたのか、理解した時点でぶわーっと波が襲ってきた。これは切ねぇ。堪らなく切ねぇよ……。だから、この結末にはすげー満足。最後に報われてホント良かった。