オイレンシュピーゲル参 Blue Murder

[著者:冲方丁/イラスト:白亜右月角川書店 角川スニーカー文庫]★★

 こちらも『スプライト』サイドのMSS3人娘とは
直接交わらないエピソード。ただ、あちら側の<獅子
祭>で起こったタイムリミット24時間のテロ事件と
微妙に影響し合っていたり(こちらの方が時間的には
前になる)、とある局面でニナやバロウ神父が関わっ
ていたり。両方読んで両面を知って初めて新しい面白
さが得られるような仕掛け方はこれまでと同様。
 3話構成で、1話ずつ涼月、陽炎、夕霧の内面が主
役的位置で描かれている。主に恋愛話。ここら辺の色
があっちの3人娘には無いもので、一生懸命“恋する
女の子”やってるなぁ、ってのが妙に微笑ましい。
 向こうで起こっていた凶悪な事件関連では、完全に
蚊帳の外な印象だったかも。もっとも、“特甲児童の
根幹”についてはこちら側の方が遥かに深く切り込ん
でいる。今後の展開に激しく影響を及ぼしそうな、興
味深い真実の断片を色々垣間見れたのかなと。

既刊感想:
オイレン
スプライトIIIIII