ただ、災厄を狩る剣のように ナイツ・オブ・ザ・フリークス first act

[著者:アズサヨシタカ/イラスト:しずまよしのりエンターブレイン ファミ通文庫]★★

 犯さざるを得なかった罪を、自分自身の中で赦せ
るか否か。どうすれば赦せるようになるのか、どこ
まで赦せばいいのか、それとも赦してはならないの
か……まあ延々と悶々と悩む事悩む事。法介が自力
で容易くどうこう出来るものではなく、むしろ厄介
な特殊能力を抱えているせいで余計負の感情に囚わ
れてしまう、という環境なら仕方ないのかな? と
思う所もある。ただ、法介がどんなに苦悩しても一
向に好転も前進もしないもんで、読み付き合ってい
て結構疲れたかなぁ。力を得た事で、背負わなけれ
ばならない罪の重圧が軽減されれば良いけど……。