シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と緑の工房

[著者:三川みり/イラスト:あき/角川書店 角川ビーンズ文庫]★★★

 シリーズ第4巻。シャルに関しては最初はどーな
るかと思ってたけど。アンの「シャルを取り戻すん
だ!」という想いは揺るぎなく、更に“自分は何の
為に砂糖菓子を創るのか?”という疑問に対しても
答えを導き出せたので、見ていてあんまり不安や焦
燥はなかったかもなぁ(少なくとも前巻よりは)。
アンなら大丈夫、絶対シャルとまた一緒になれる、
という感じで。でもやっぱり最後はホッとした。
 ただ、ブリジットの事がちょっと気になる。この
ラストが今後の展開にどう影響を及ぼすのか。

既刊感想:銀砂糖師と黒の妖精
     銀砂糖師と青の公爵
     銀砂糖師と白の貴公子