ベティ・ザ・キッド(下)

[著者:秋田禎信/イラスト:山田外朗/角川書店 角川スニーカー文庫]★★


 そっちに行ったんだ。ヘヴンについて、読んでい
て自分でちゃんと理解出来たかどうか物凄く怪しい
手応えだったけど、シヤマニ文明の消失と天国帰り
の所で「ああ成る程ね〜」と納得出来たので大丈夫
……かなぁ? その辺はじっくり再読してみたい。
 上巻でのベティとロングストライドの因縁から、
ヘヴンの真実を巡る戦いへと移行する展開。結局行
き着く先で二人はどうなるんだろ? という興味が
残って、それが望んだ形で決着してくれたかなと。
特に最後に対峙するシーンが凄く印象的だった。

既刊感想: