血翼王亡命譚III ―ガラドの夜明け―

[著者:新八角/イラスト:吟/電撃文庫]★★★

 亡くなっても姿なくても言血だけとなっても、ア
ルナの存在感が色褪せる事はありませんでした。想
像していたのは、ユウファがいずれ良い形でアルナ
の残滓から開放されて生きる者達と先へ進む、と言
う未来。ただ、抱えてゆくには重過ぎる存在でも、
ユウファなら絶対に手放さないのかなあとか、アル
ナの扱いについては色々と想像が駆け巡りました。
 ほら、姿無くしてもこの影響力ですよ。実際には
“想像を絶する”なんて表現がピタリと当て嵌まる
ような凄まじい展開でしたけどね。これはさすがに
ユウファに追従しなければ到底辿り着けない真実で
すよ。そんな中で望んでいた事。ユウファとアルナ
が最後に本音で語り合えた事。決して忘れません。

既刊感想:II