ミリオン・クラウン1

[著者:竜ノ湖太郎/イラスト:焦茶/角川スニーカー文庫]★★

ミリオン・クラウン1 (角川スニーカー文庫)

ミリオン・クラウン1 (角川スニーカー文庫)

 もしも退廃した世界で人類の敵を全滅させたと
して、果たしてその先に復興繁栄の未来があるの
か……と考えてみた所で、まず『王冠種』なる人
類の災厄を滅ぼすなんて事が非現実的なわけで、
どれだけ希望を抱いてみても所詮夢物語にしかな
らない虚無感がどうしようもなく苦くて切ない。
 救済の可能性は提示されたけれども、『ミリオ
ン・クラウン』として一真がひとり持ち上げられ
ただけでは、まだまだ足りないんじゃないかなあ
と言った印象でした。とにかく王冠種の強大さが
圧倒的過ぎて。那姫や千尋達の組織もまだ全容が
見えたわけではなくて、ここからどんな風に一真
の力とと連携を取って行くのか気になる所です。