非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが……6

[著者:滝沢慧/イラスト:睦茸富士見ファンタジア文庫]★★★

 クリスマスのイベントを経て、晴れて恋人同士の
関係が築かれ、遂に萌香ENDを迎えてからの、そ
の先に続く物語、みたいな様相を呈して来ました。
 この物語で一番いいなあと思えるのが、皆が二人
の恋愛を応援してくれている、特にヒロイン達が変
に一真に横恋慕せず萌香の味方でいてくれる事なん
ですよね。お陰で二人だけの恋愛模様が非常に際立
ち、他の介入を気にせず安心して見ていられます。
 ずっと隠し続けて来たクラスメイトへのカミング
アウトが一つの山場と思っていて、そのタイミング
を気にし続けていましたが……これで大体やるべき
事はやり尽くしたんじゃないでしょうか。次で終わ
りそうな雰囲気もありますが、どうなるでしょうね。

既刊感想:

モンスター・ファクトリー ―左遷騎士が始める魔物牧場物語―

[著者:アロハ座長/イラスト:夜ノみつき/富士見ファンタジア文庫]★★

 地位が下がって左遷左遷言われてますが、そこが
自らの加護を最大限に活かせる場所ならば、それは
むしろ栄転と言えるのでは……まあ左遷をぶつけら
れてるコータス本人の捉え方次第でしょうけど。
 そんなコータスが辿り着いた先は、魔物と共生す
る農業畜産の町で、常に魔物と隣り合わせな環境が
強く印象に残ります。『頑健』の加護があるとは言
え、コータスの被害を見るに安全とは言い難い気も
しますが、レスカや町民達の慣れた様子からは「な
んか大丈夫そうだなあ」って空気も感じられます。
 まだ完全に定着していない状況で、今後コータス
は定住する気なのか、それともいずれは離れるつも
りなのか、彼の心境にも注目してみたいですね。

ゲーマーズ! DLC

[著者:葵せきな/イラスト:仙人掌/富士見ファンタジア文庫]★★★

 本編と外伝の時系列の差がちょっと詳しく把握出
来ないでいるのですが、本編時間はまだ景太の交際
相手が霧夜歩のアパートに踏み込む前ですよね?
 もう既に“事故を起こす”とか予告打ってる時点
で、おそらく本編と外伝の衝突は避けられないので
しょうねえ。あえてなのかどうか、景太の“交際相
手”とぼかした表現で曖昧にしている辺り、誰が踏
み込むのか分からない怖さもあります。どうなるか
は本編の進行次第って所でしょうけど、こう言った
両面から絡ませた見せ方に巧さが感じられました。
 裏でもこんなかよ! とツッコミ連発な中、最初
の『ゲーム戦争』談義は唯一の癒しでした。平穏平
和っていいなぁ、としみじみ噛み締めていました。

既刊感想:

オール・ジョブ・ザ・ワールド

[著者:百瀬祐一郎/イラスト:ヤスダスズヒト富士見ファンタジア文庫]★★

 『遊び人』で『職業』と来ると、どうしても真っ
先に某有名RPG3作目の転職システムが頭に浮か
ぶんですよ。なので、パーティのお荷物役立たずか
らの華麗に転身を期待していたのですが……終盤の
ホールデンのアレが余りに予想通りかつ期待通り過
ぎて、思いっきりニヤリとさせられちゃしました。
 ホールデンにとって、足枷以外の何ものでもない
“永久職・遊び人”縛りの不利を逆手に取った、こ
の特殊スキルのアイディアは素晴らしいですね。こ
の職業限定とかでは無さそうなので、経験と状況次
第では他の特殊職業への転身も見られるのかも?
 まあそれよりもホールデンには『女殺し』や『不
思議な踊り』の発現の方で楽しませて欲しいかな。

やがて恋するヴィヴィ・レイン4

[著者:犬村小六/イラスト:岩崎美奈子ガガガ文庫]★★

 ルカの反乱軍としての存在感と彼に対する期待と
羨望と眼差しが加熱するに連れて、言い知れない不
安が込み上げてくるような、そんな感じでした。
 革命を起こすぞと気持ちに勢いが乗っていて、世
論がルカに味方して後押ししてくれている今は、ま
だ良い流れだと思うんですよ。これが一国の頂点で
国を動かす立場に就いたら、果たしてどうなるか。
 実質ルカの独裁国家だとか不安を助長するような
物言いだったり、ラストに『災厄の魔王』の一言も
添えられていたり。ファニアを手にするために全て
を犠牲にするような、そんな雰囲気が浮かびつつあ
ります。一方でヴィヴィ・レインについても、新し
い情報が出て来て目が離せなくなって来ました。

既刊感想: