いつかのレクイエム case.1 少女陰陽師とサウル王の箱

[著者:嬉野秋彦/イラスト:POKImari/GA文庫]★★

 手堅く纏まっていて面白さも充分。ただ、表に出
せずに伏せられている事があまりに多くて、一体ど
う反応すればいいのやらと戸惑ってしまいました。
 陰陽師の血を継ぐひよりと、西洋魔術(魔女術)
を扱うレイジ。単純に二人の日常や戦闘での掛け合
いだけなら、複雑な事情を意識して取っ払っている
分だけ取っ付き易くて楽しいんですよ。そこに個々
で抱えている事情が絡んだりして来ると、もうちょ
っと開示して欲しかったなあ、となるわけですね。
 正式な依頼としても、気が付けば「一体何を相手
に戦ってたんだ」状態で、相手の自作自演も「何が
したかったんだ」でしたから。続刊は確定している
そうなので、色々気にしつつ続きを待ってみます。

魔術王と聖剣姫の規格外英雄譚2

[著者:三門鉄狼/イラスト:かわいまりあ/GA文庫]★

魔術王と聖剣姫の規格外英雄譚2 (GA文庫)

魔術王と聖剣姫の規格外英雄譚2 (GA文庫)

 何だか今回、全体的にやけにあっさりと駆け足気
味で片付いてしまったのが、ちょっと気になった所
で。この先続けて行けるのかどうか的な意味で。
 通常とは異なる魔物の動向や、フレイヤが喪った
実姉クレアの件や、グローリー卿の暗躍の件など、
今後の展開に相当影響及ぼしそうな重要なイベント
ばかりだった筈なんですけど、大分物足りませんで
した。感情的な部分の熱量は終盤へ進むに連れて徐
々に伝わって来ましたが、特にクレアの事はもっと
引っ張って掘り下げてくれても良かったのになあ。
 フレイヤも覚醒してからは殆ど敵無し状態で、ア
レクが関わっての育成や成長の様子も前巻程ではな
かったですし。ちょっと盛り上がり切れずでした。

既刊感想:

変奏神話群 剣風斬花のソーサリーライム

[著者:千羽十訊/イラスト:桑島黎音/GA文庫]★★

変奏神話群 剣風斬花のソーサリーライム (GA文庫)

変奏神話群 剣風斬花のソーサリーライム (GA文庫)

 主に戦いの最中で設定の奥深さを徐々に盛り込ん
で広げてゆく、そんな描き方が印象的でした。日常
パートも多少はありましたが、対人間対異種族と割
と常に戦っていたような気がします。戦闘システム
を味わうのが特にこの物語の醍醐味だと思うので、
それは全然問題無くて充分に堪能出来ましたが、環
境に慣れない内から緊迫した空気を吸ってばかりい
たのでちょっと気疲れを起こしてしまったりも。
 まあ奏示郎の立場上、気楽に学院生活を送るとか
には多分ならなさそうな気もしますけど。一応一通
りの戦い方は色濃い描写で存分に見せて貰う事が出
来たので、今度はたまにでもフィオレンツァや小夜
里との戦いから離れた息抜きとかも見てみたい。

処刑タロット

[著者:土橋真二郎/イラスト:植田亮電撃文庫]★★

 ミニゲームの詰め合わせみたいな。タロットカー
ドの大アルカナの数だけ用意されているならば、今
回登場した2枚を引いて、あと残り20ゲームも存
在するわけですね。もっとも、この辺は憶測の域を
出ない為、本当の所はどうなのか分かりませんが。
 ゲームとVR(仮想現実)とAR(拡張現実)が
入り乱れているせいか、鳴海の立っている“今”が
現実なのか虚構なのか、ちょっと見失う程度に分か
り難くなっています。多分あえて意図的に境界線を
曖昧にするよう描いて見せている……のではないか
なあと思ったのですが、実際にはどうでしょうね。
 梨々花を救う為の完全制覇を目指す気の遠くなる
ような行程、鳴海はどう攻略して行くでしょうか。

剣と魔法と裁判所2

[著者:蘇之一行/イラスト:ゆーげん/電撃文庫]★★★

 ファンタジー世界での、冒険者の無法を裁く為に
立ち向かう法廷バトル。やっぱり某逆○裁判とかの
要素が好きなのでどうしても贔屓が入ってしまうん
ですけど、現実世界には存在しない、この物語の舞
台ならではの案件ばかりで非常に面白いですね。
 勝利の可能性が0%でない限り特に困難な依頼を
好んで受ける、それで得られる金の為ならバレない
ように違法も無法も何でもやる。キールは世間にと
って“必要悪”とでも言えるんでしょうけど、アイ
リに対してだけは、物凄く分かり難いながらも微か
な“正義”を漂わせる辺りがまた良いんですよね。
 今回も巧みな弁護術は堪能出来たものの、内容は
短めだったので、今度は長編で続いて欲しいなあ。

既刊感想: