Unnamed MemoryII 玉座に無き女王

[著者:古宮九時/イラスト:chibi/電撃の新文芸]★★

Unnamed Memory II 玉座に無き女王 (DENGEKI)

Unnamed Memory II 玉座に無き女王 (DENGEKI)

 やっぱりティナーシャにも抱えている事情があっ
たから、最優先で成し遂げなければならない事を気
の遠くなるような間持ち続けて来たから、オスカー
の正面からの熱意を素直に受け留める事が出来ずに
いたのか、躊躇いを見せてしまっていたのか、と。
 いや、だってもうティナーシャの振る舞い見てた
ら、その気が無いなんて「嘘でしょ」って言いたく
もなりますよ。オスカーにしてもティナーシャにし
ても、自分の事情を優先したがる癖に“最も相手の
事を大切に想っている”行為を選択するんだから。
 ティナーシャの心の急変で一時どうなるかと思い
ましたが、全くの杞憂でした。これで色々足枷も取
っ払われたので、明確な答えを出す頃なのでは?

既刊感想:

Unnamed MemoryI 青き月の魔女と呪われし王

[著者:古宮九時/イラスト:chibi/電撃の新文芸]★★

Unnamed Memory I 青き月の魔女と呪われし王 (DENGEKI)

Unnamed Memory I 青き月の魔女と呪われし王 (DENGEKI)

 結婚しなくても子供産んでもらうだけにするとか
……クズの所業で余計ダメか。オスカーにそんなゲ
スな下心なんぞ皆無だとしても、王族でしかも王位
継承者だから子供を産んでもらう相手となると婚姻
結ばないわけにはいかないだろうし。オスカーはし
がらみ全部捨ててでも純粋にティナーシャと添い遂
げ合い気持ちの塊だから、もう思うがまま好きなよ
うにやってよって気持ちが大きいですけどね。元々
自由奔放を絵に描いたような人物だったようだし。
 そうなると今度はティナーシャ側の問題で、オス
カーに惹かれているのは間違いなさそうなので、頑
なにアプローチを拒む様子は少し気になる。根気強
く接し続ければ拒否姿勢も軟化して行くのかなあ。

つるぎのかなた2

[著者:渋谷瑞也/イラスト:伊藤宗一電撃文庫]★★

つるぎのかなた(2) (電撃文庫)

つるぎのかなた(2) (電撃文庫)

 悠って他者を立てるより自分が前に立ちたがるタ
イプなイメージだったので、団体戦で仁や他のメン
バー達をサポートする役割を積極的に担うとは正直
意外でした。こと快晴の事となると誰を押し退けて
でも俺がってがっつき振りでしたからね。むしろ快
晴の方が悠に過剰にこだわっている風だったか。
 個人戦団体戦の役回りの差異もあれば、悠が自
分以外の誰かの為に“何かを成し得たい”気持ちが
高まったり、メンバー間の交流を経て剣道との向き
合い方に変化が生じたのかも知れない。ともあれ、
強さの差が開き過ぎていて孤高の雰囲気を醸し出し
ていた印象だったのが大分違って見えて、でもこっ
ちの悠の方が真に強いと感じられたりもしました。

既刊感想:

湖底ゆらめく最果て図書館 光の勇者と涙する姫君

[著者:冬月いろり/イラスト:Namie/電撃文庫]★★

湖底ゆらめく最果て図書館 光の勇者と涙する姫君 (電撃文庫)

湖底ゆらめく最果て図書館 光の勇者と涙する姫君 (電撃文庫)

 シリーズ第2巻。よもや初っ端でイタズラしてい
た魔物がここまでウォレスの助力になるとは……リ
ィリの手で消されなくて本当に良かった。救いの手
を差し伸べたウォレンの行為は正しかった。と、こ
の魔物が有能さを示す度にしみじみと思いました。
 地底湖の博物館と繋がっちゃった件。想定外の事
態に対して、能力の研鑚を後回しにして疎かにして
いたウォレンの欠点が露骨に表れてしまう。そもそ
も図書館の外に出る事自体が稀だし、どちらかと言
えば外側から招き入れる事が大半なので、油断や隙
が出来てしまったのも止む無しと言った所かな。
 続きはルチアがメインになりそうな感じ。近隣状
態になったウォレスとの掛け合いが楽しみですね。

既刊感想:

錆喰いビスコ4 業花の帝冠、花束の剣

[著者:瘤久保慎司/イラスト:赤岸K/電撃文庫]★★

錆喰いビスコ4 業花の帝冠、花束の剣 (電撃文庫)

錆喰いビスコ4 業花の帝冠、花束の剣 (電撃文庫)

 紅菱の一族が主役とするなら、今回のビスコ達は
立場的に脇役みたいなもの。六道囚獄の連中にとっ
ては招かれざる客であり、ビスコの行為は飛んで火
にいる夏の虫のようなもので。直接的には深い関わ
りも無いのに、あえて余計に深く関わろうとして強
引に主役面して割り込んで来る辺りは、これまで同
様にビスコらしいなあって振舞いでしたけどね。
 今回に中でちょっと気になってるのが、この最後
の終わり方について。ビスコとミロは直視していた
筈なので、シシのこの行為に対して果たしてどんな
感情を抱いたのか。そこが描かれずに幕引きだった
ので、次までシシや紅菱一族との話が尾を引くのか、
それともすんなり終わって別の所へ向かうのか。

既刊感想: