ハル遠カラジ2

[著者:遍柳一/イラスト:白味噌ガガガ文庫]★★

ハル遠カラジ (2) (ガガガ文庫)

ハル遠カラジ (2) (ガガガ文庫)

 人類消失の謎の一端が垣間見れた、かも。漠然と
していて失われた記憶の断片をなぞって行く作業だ
ったから。とは言え明確に真実を掴んだ所で、現状
の罹患しているテスタ、ハルやイリナの極少数で何
が出来るわけでも変えて行けるわけでもなく。仲間
と言うか従者的なアニラが今回新たに加わりました
が、危機的状況に陥ってからの急場しのぎ感は変わ
らず。相変わらず安定しないテスタの状態も含め綱
渡りの連続で終始冷や冷やさせられてしまいます。
 人工知能に感情が備わってるかは定かではありま
せんが、テスタはそれと知らされなければ人間と変
わらないようにも見える。旧友との件は特に感情の
揺れ動きが強く感じられたような気もしました。

既刊感想:

クズと天使の二周目生活5

[著者:天津向/イラスト:うかみ/ガガガ文庫]★★

クズと天使の二周目生活 (5) (ガガガ文庫)

クズと天使の二周目生活 (5) (ガガガ文庫)

 喜びや嬉しさに包まれた温かい雰囲気だった前巻
から一転、ストレス過多で桃也の胃に穴が開くんじ
ゃないかと心配になるくらい精神的に追い込まれる
状況の連続で参りました。エリィの懸念や唐突な不
在、新人の由佳のトラブルメーカーぶりとかは割と
些細な問題で、さらに上を行く厄介極まりない存在
がありましたからね。溜まりまくったこの憤りは必
ず逆転劇で発散して貰えるだろう、と願って進めな
ければ途中で折れそうになる程ヤバかったです。
 とりあえず一周目の桃也がガチクズであった事、
たらればノートを残してくれていた事に初めて感謝
ですね。このまま順調に行けたらいいのですが、エ
リィ不在だった件が新たな問題になりそうだなあ。

既刊感想:

クズと天使の二周目生活4

[著者:天津向/イラスト:うかみ/ガガガ文庫]★★★

クズと天使の二周目生活 (4) (ガガガ文庫)

クズと天使の二周目生活 (4) (ガガガ文庫)

 サプライズの嵐が吹き荒れる。一周目の未来を知
っているが故に桃也は余計に見事に仕掛けにハマっ
てしまった、と。まあ手が込み過ぎなのも如何なも
のかと思いましたけどね。あと「柊さん、怖い!」
と叫びたくなった。それでも結果的に幸せに笑い合
えたなら、ナイスサプライズだったのでしょう。こ
れも一周目の惨めさを味わっているからこそ、余計
に嬉しさを噛み締める事が出来たんだと思います。
 桃也にとっては未知なる2周目に突入。一つの懸
念は解決しましたが、その事に関してエリィが疑念
を抱いているのがどうにも気になる。新キャラも既
に波乱を呼び起こしそうな雰囲気満々だし、気持ち
よく進みながら不安も広がったような感じでした。

既刊感想:

むしめづる姫宮さん

[著者:手代木正太郎/イラスト:Nagu/ガガガ文庫]★★

むしめづる姫宮さん (ガガガ文庫 て 2-11)

むしめづる姫宮さん (ガガガ文庫 て 2-11)

 ある特定の『虫の魂』を体内に呼び込んでしまう
条件。自分と似たような特性を持っているか、自分
が最も欲している能力を持っているか。そのいずれ
かによって引き寄せてしまう。あとはより若い方が
取り込まれ易いだとか。羽汰の場合、以前は憑かれ
た虫の魂と似た特性を持っていたけれど、卑屈にな
り過ぎたせいで手放してしまったので無意識の内に
再び欲してしまった、って感じだったでしょうか。
 羽汰の事を雪絵が「小さいんだか大きいんだか分
からん」と言っていたのも、汐音が「無関心なよう
で周りをよく見ている」と言っていたのも、多分本
来の彼の本質なのかなと。まだ体内に宿したままな
ので、今後どう扱って行くのか気になる所です。

月とライカと吸血姫5

[著者:牧野圭祐/イラスト:かれい/ガガガ文庫]★★★

月とライカと吸血姫 (5) (ガガガ文庫 ま 5-8)

月とライカと吸血姫 (5) (ガガガ文庫 ま 5-8)

 共和国と連合王国。初期から続く政治絡みの技術
競争から、双方の視点からロケット開発や宇宙に馳
せる熱き思いの数々を目の当たりにして来て、ずっ
とずっと実現を願い続けているのが『和解と技術交
換を経ての共同開発』。しかし物語が進めば進む程
に、実現不可能を激しく突き付けられてしまう感じ
で、特に今回は共和国側で実権を握る上層部のやり
口を眺めて、かつてない絶望感に苛まれました。
 そんな状況から、微かな、本当に微かながらレフ
やイリナが掴んだ光明。それは自分達が望んだ最良
の進展ではなく、結局は権力に従うしかない、手綱
を握られたものではあるのですが、それでもようや
く辿り着けそうな所まで来る事が出来なのかなと。

既刊感想: