幼なじみが絶対に負けないラブコメ

[著者:二丸修一/イラスト:しぐれうい/電撃文庫]★★

幼なじみが絶対に負けないラブコメ (電撃文庫)

幼なじみが絶対に負けないラブコメ (電撃文庫)

 どうしてこうなった。末晴の最後の選択肢、告白
の現場を目の当たりにして「え、何で?」って気持
ちで、なんかこう悶々と発散し切れない感情を持て
余し気味でした。末晴が大舞台に立つ少し前で、他
の何にも負ける事の無い“幼少期の記憶と思い出”
と言うやつを見せ付けられたので、絶対に発する答
えは一つしかない……と思ってたんですけどねえ。
 どちらに肩入れしたくなったか、と言えば“初恋
の娘”の方で。正直“幼なじみ”の方は、惹き付け
られる程の末晴との関係性を見出せなくて。初恋の
娘に匹敵するような強固なエピソードでもあれば、
また印象は違っていたのかも知れませんが。絶対負
けなくても、ある意味救われない結末だったかも。

賢勇者シコルスキ・ジーライフの大いなる探究 ~愛弟子サヨナのわくわく冒険ランド~

[著者:有象利路/イラスト:かれい/電撃文庫]★★★

 世の中、貧乳好みの人だっているだろうから需要
だってあるに違いない。ただ、この物語の周辺では
サッパリ需要が無いだけで。でもきっと、需要があ
ったらあったで変態に迫られたらどっちにしてもぎ
ゃあぎゃあ騒ぎ立てるに違いない。それをシコルス
キと愉快な変態達に散々弄り倒されるに違いない。
 終盤どシリアス展開に傾き掛けた時、「やばいど
うしようそっちに行かないで!」と切望してた自分
は、もう既にどうしようもなく色々汚染されてんだ
なと実感させられました。身を挺してシリアスを全
力阻止してくれたシリゆる会長さんありがとう。
 まあとにかく色んなの見せられましたけど、一番
凄いのって全てを捌き切ったサヨナだと思います。

リベリオ・マキナ2 ―《白檀式》文月の嫉妬心―

[著者:ミサキナギ/イラスト:れい亜/電撃文庫]★★

 世間から忌避される『白檀式』の構造について、
前巻から更に詳細の深みまで踏み込んで行く。その
過程で、開発者・白檀春海のかつての既知であるら
しきハウエルズの異常とも言える、白檀式と春海に
対する対抗心、或いは執着心を垣間見る事になる。
 まだ証拠は曖昧ながら、白檀式の暴走や世間の憎
悪を全て春海に向けさせた事など、一連の事件の黒
幕はハウエルズって事になるのかな。あと、吸血鬼
の脳を白檀式に埋め込んだ張本人もそうなのか。
 しかしカノンや水無月が追及しようとしても、今
更世間に常識として定着した“白檀式と波動歯車は
忌むべき存在”を覆すのは厳しいのが現状。証拠を
示して真相を突き付ける事が出来るのでしょうか。

既刊感想:

ヒトの時代は終わったけれど、それでもお腹は減りますか?2

[著者:新八角/イラスト:ちょこ庵/電撃文庫]★★

 薬物に頼らなければならない場面で、服用してし
っかり幻覚に踊らされ、その最中での描写の仕掛け
に「あれっ?」と思わせておいてからの、過去回想
に自然に迷い込ませる。この辺りの流れがとても素
晴らしかったです。ウカとリコの初めての出逢いの
場面は、特に見てみたい部分でもあったので。リコ
が途中で吐いていた「オレがウカに雇われているん
だ」みたいな台詞、最後の回想シーンでそこに込め
られた気持ちをようやく理解する事が出来ました。
 ウカの方もただひたすらにリコだけを欲する。リ
コが放ったたった一言が無価値なウカの行為に大き
な価値を持たせてくれた。何気ない『おいしい』を
受け取った時の気持ちも印象に残るものでした。

既刊感想:

葡萄大陸物語 野良猫姫と言葉渡しの王

[著者:一ツ屋赤彦/イラスト:紅緒/角川スニーカー文庫]★★

葡萄大陸物語 野良猫姫と言葉渡しの王 (角川スニーカー文庫)

葡萄大陸物語 野良猫姫と言葉渡しの王 (角川スニーカー文庫)

 第24回スニーカー大賞『金賞』受賞作。

 言語の壁が想像以上の高さで立ちはだかる、国が
違い、種族が違えば、当然ながら話す言葉も違って
来る。その当然のようでいて案外見落としがちな事
を気付かされる。通じない者同士の橋渡し役、多言
語を扱う翻訳家のような役回り、意思疎通により異
種族間の理解を深め、共闘を結び付けるに至ったメ
ルの功績は非常に大きなものだったと思います。
 一方で、バツ国との戦闘状態に突入してからは、
ギンの知略、シャルネのカリスマ、キリンの武力な
どが突出していて、メルが新王としての資質を充分
に示せたかと言うと、微妙な所だったかも。多言語
理解能力も戦火の真っ只中では使い所が難しそうだ
し、この辺りは本領発揮とは行かなかったかなあ。