読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超飽和セカンドブレイヴズ ―勇者失格の少年―

[著者:物草純平/イラスト:こちも/電撃文庫]★★

 「“勇者”ってそもそも何だろう?」と、考えさ
せられました。その意味も扱われ方も、盛り込まれ
た作品によって様々があるのだろうと思います。
 ひとつイメージがあるのは、その世界や舞台にと
って特別な存在と言う事でしょうか。そんな特別な
事が、この物語では全く特別ではなく当たり前の日
常に組み込まれている。だって全人類が定められた
勇者の素質を持っているんだから仕方ないんです。
 あるのは勇者格差社会。そこから生まれる歪んだ
何か。一般市民的な位置付けの下層勇者の考え方も
覗いてみたいですね。歪んだ思想を抱くのは力持つ
者達ばかりなのか、それとも護られる立場の側にも
そういった歪みが存在するのか。気になる所です。

OBSTACLEシリーズ 激突のヘクセンナハトII

[著者:川上稔/イラスト:さとやす(TENKY)/電撃文庫]★★★

 各務はもう『満子』呼びがデフォルトになっちゃ
ってます。たまにはまともに名前呼んでやって下さ
いよ可哀想だから。発音がアレだから色々問題だし
堀之内の下の名前を本気で忘れちゃいそうだし。
 そんな割とどうでもいいけど気になる箇所を拾い
つつ、序列第二位との闘いです。大体上位ランカー
ってやつは反則的な能力を持っていそうですが、メ
アリーのそれは群を抜いていたかと思います。それ
なのに序列第二位で居ると言うのが信じ難いです。
 それでも、そこに対抗策を見出せる各務・堀之内
の凄さですよ。戦闘能力の優劣以上に“何かを思う
強さ”みたいなものがいつも乗っかっている。それ
が勝敗を分けている。そんな印象がありました。

既刊感想:

皿の上の聖騎士1 ―A Tale of Armour―

[著者:三浦勇雄/イラスト:屡那/ノベルゼロ]★★

 もう祖国を追われてしまったんだから、聖騎士伝
説の真実を噂で流して広めてしまえばいいのに。そ
う思わずにはいられない程、アイザックとアシュリ
ーに対する仕打ちは理不尽極まりないものでした。
 アイザックがそうしないのは、それでも祖国を失
墜させる事に抵抗を覚えたからなのですが、そうも
言ってられないだろうってのが本音です。一線を踏
み切れない彼の甘さなのかどうか、難しい所です。
 お偉いさん達は保身の為、伝説の霊獣達は力欲し
さと思いきや溜まりに溜まった欲望の為。本当に、
裏側に隠匿されていた事実を知る度に失望させられ
ましたよ。正直ドン引きです。それでも姉妹にとっ
ては強大な脅威なのが厄介極まりないですね。

姉(かのじょ)と妹(カノジョ)の下着事情。2

[著者:柚本悠斗/イラスト:けけもつ/GA文庫]★★

姉(かのじょ)と妹(カノジョ)の下着事情。2 (GA文庫)

姉(かのじょ)と妹(カノジョ)の下着事情。2 (GA文庫)

 前巻の彰人が自分自身の為に行動していたのに対
して、今回は自分以外の誰かの為にブラジャーへの
拘りの意欲が注がれていました。夢への壁に直面す
る七緒であったり、自らを偽って窮地に陥ってしま
う幼馴染みのリサであったり。おっぱいとブラジャ
ーを追求する言動が一々変態染みてるのに、何故か
あまり嫌悪感を抱かれずに済んでいる。ずっとそう
なんですが、男子の欲望よりも職人の拘りみたいな
ものが強いんじゃないんだろうかと思うわけです。
 結局そこに恋愛感情はない、ってとうとう彰人自
ら言い切っちゃったからなあ。女性陣との感情とズ
レが生じてしまうのも仕方ないのか。今は羽織が彰
人を変えてくれないものかと期待しています。

既刊感想:

姉(かのじょ)と妹(カノジョ)の下着事情。

[著者:柚本悠斗/イラスト:けけもつ/GA文庫]★★

姉(かのじょ)と妹(カノジョ)の下着事情。 (GA文庫)

姉(かのじょ)と妹(カノジョ)の下着事情。 (GA文庫)

 第7回GA文庫大賞『奨励賞』受賞作。
 彰人は職人気質の情熱を持ち合わせていて、その
意欲の全てが女性の下着(主にブラジャー)に注が
れているだけの事。紛れもなく変態野郎ですね。
 ただ、頻りにおっぱいを揉みたい揉みたい言って
た彰人ですが、そこに思春期男子が持て余してしょ
うがない性欲があまり感じられないんですね。あく
まで理想のブラジャーを追求する為の手段として、
その熱意の方が先に立っているような印象でした。
 だから何だと言えば、妄想でも何でも性欲剥き出
しにしてくれた方がまだ健全だよなあと。変は変で
もしっくりこないこの違和感は何でしょう。三姉妹
ばかりが異性として好意的で、彰人の方には恋愛感
情が見出せなかったからなのかも知れません。

宝石吐きのおんなのこ3 〜再会の街にひそむ影〜

[著者:なみあと/イラスト:景/ぽにきゃんBOOKS]★★

 ソアランとファンションについてはサイドストー
リーに留まるものかと思ってましたが、がっつり本
編に絡んで来ました。それよりファンションって亡
くなったと認識してたんですけど、何処かで思い違
いしてましたかね? 正体を隠している辺り、一筋
縄では行かない事情でもあるんでしょうきっと。
 その辺の気になる部分も含めて、魔法使い達の動
向がやけに胡散臭いです。得体が知れぬままクリュ
ーの身が狙われたりしていたので余計に際立ってま
した。目的も思惑も分からないまま暗躍しているの
で、どうにももやもやが募ります。まあ今は仕方な
いですね。クリューの行動や仕草が癒しにもなりま
すが、今回は置いてけぼり感ありましたからねえ。

既刊感想:

戦闘医師 野口英雄

[著者:草木うしみつ/イラスト:黒衛もん/HJ文庫]★★

戦闘医師 野口英雄 (HJ文庫)

戦闘医師 野口英雄 (HJ文庫)

 人間の健康を脅かす『病魔』と言うのは、その実
態が明確に目に見えて存在するものではないのです
が、じゃあもし実態を伴って物理的に人間の生命を
脅かすモノが『病魔』として存在していたとしたら
どうなる? そんな世界を舞台にした物語です。
 どうなるかと言えば、『病魔』が異形の怪物のよ
うな形で人間に危害を加えるわけですから、命の危
険に晒される感覚が一層強まるのではないでしょう
かね。ただ、目に見える分だけ排除策の幅も広がっ
てくれるかと思います。例えば武力行使で戦う事で
殲滅するとか。この物語の『戦闘医師』とはまさに
そう言った存在なんです。窮屈で融通の利かない現
状をどう打破して行くか、これからが見物ですね。