勇者様が友達になりたそうにこちらを見ている!

[著者:機村械人/イラスト:桝石きのと/GA文庫]★★★

 能ある鷹は爪を隠す系主人公。その隠している身
体能力は一体どうやって身に付いたのか、あまり詳
しく語られなかったので経緯を知りたい所ですが。
 和人は他人となるべく普通に接したい(願望)の
ではなく、どんな相手であっても態度を変えず同じ
ように接する事が出来てしまえる(強制)。この差
異の描写とかは特に面白いなあと思いました。分け
隔てない普通が逆に周囲の目を引いてしまうので注
目を集めないように振舞っている感じでしょうか。
 まあそんな努力も虚しく失敗に終わってるんです
けどね(勇者と魔王と友達になってる時点で世間的
には大成功なのに)。転校して来る異世界の皇子と
やらが、この状態に果たしてどう絡んで来るのか。

ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?4 ~好きの対義語は大好き~

[著者:望公太/イラスト:ななせめるちGA文庫]★★

 客観的に見れば社会人女性が未成年男子に淫行を
働いてる、って桃田自身が自覚を持って呟いている
ように、元からそこが一番の問題であって相変わら
ずの心配の種でもあるんですけど。もう世間の目を
気にしつつこっそり付き合わざるを得ないのは仕方
の無い事で、こればかりは桃田が年を重ねるのを待
つしかない。幸い二人にとって近しい人達は、今回
みたく付き合い方に迷った際、誰かが気付きを与え
てくれたりするので安心して見ていられますよね。
 ただ、唯一近親者の中で嘘をついてしまっている
姫の姉の妃について、バレた時どうなるかは割と気
になる所で。いや、もうバレは確定してるんですけ
ど、このラストから拗れる事はほぼ確実でしょう。

既刊感想:

りゅうおうのおしごと!11

[著者:白鳥士郎/イラスト:しらび/GA文庫]★★★

りゅうおうのおしごと! 11 (GA文庫)

りゅうおうのおしごと! 11 (GA文庫)

 九頭竜八一と空銀子の物語。将棋を中心にして、
二人の間で築き上げて来たものがあまりに重くて大
きくて痛くて辛くて苦しくて切なくて。こうして並
べてみると、負の感情ばかりが複雑に絡み合い付き
纏うのですが、だからこそ後半での確かな結び付き
が非常に際立ってくれて、そのシーンに到達した瞬
間が本当に嬉し過ぎて感極まってしまいました。
 もうこれで終わりで良くね? とか思わず逃避し
たくなったのも、確実に三段リーグの地獄は続いて
行くわけですから。ただ、前巻ラストで軽くホラー
とサスペンスが入り乱れていたのを思い返すと、よ
く持ち直したなって。八一への想いを力に変えられ
る今ならば、大分安心して見続けて行けそうです。

既刊感想:10

りゅうおうのおしごと!10

[著者:白鳥士郎/イラスト:しらび/GA文庫]★★

りゅうおうのおしごと!10 (GA文庫)

りゅうおうのおしごと!10 (GA文庫)

 作中での安らぎ、一服の清涼剤的なJS研究生達
の活躍ぶり。同時に八一のロリコン弄られも増して
ますが、もう本性が年上好みでロリコンじゃないの
は分かってるので誤解を招く言動は控えなさいよ。
 ちょっと言い方が嫌な感じになりますが、八一に
指導を受けるJS達は本筋のおまけみたいな印象で
した。どこまで行ってもあくまで趣味の域を出ない
みたいな。その辺は大分甘く見てたなと、澪と綾乃
とシャルちゃんの将棋に対する向き合い方や意気込
みを軽視していたなと、今回のなにわ王将戦の件で
思い知らされました。綾乃以外の二人は今後将棋を
続けられるか分からない、それでもどんな環境であ
ってもあいとの交流は続いて行って欲しいですね。

既刊感想:

りゅうおうのおしごと!9

[著者:白鳥士郎/イラスト:しらび/GA文庫]★★★

 競技においての『一強』。誰の追随も許さず、常
に同じ結果を叩き出し、それをひたすらに積み重ね
て行く。女流棋士界の銀子の立場。「自分の居場所
はここじゃない」とばかりに強さを貪欲に追い求め
てより高みを目指す、その結果としてあまりに強過
ぎるが故に場が盛り上がらずに冷め切ってしまう。
 本来なら天衣の成長を描いたものがメインのエピ
ソードなので、そちらを気にして触れるべき所なの
ですが。天衣が覚醒するのに合わせて、銀子の異次
元の強さが際立って見えてしまって、その言葉で言
い表し難い“危うさ”みたいなものが非常に気にな
ってしまいました。終局の後の両者様子を見ても、
どっちが勝者なのか分からない程でしたからね。

既刊感想: