警極魔道課チルビィ先生の死神のロジック

[著者:横山忠/イラスト:成瀬ちさと集英社 スーパーダッシュ文庫]★

 シリーズ第2巻。災い(チルビィの迷子癖)転じて幸
運(敵の二点同時攻撃阻止)拾う、ってとこか。年相応
の『おこちゃま脳』と、道士としての力を振るう戦闘時
の『死神の子供(デス・チャイルド)脳』の凄まじきギ
ャップは今回も健在。そこに致命的かつ迷惑極まりない
迷子癖が合わさり、周囲の連中も読んでいるこっちも終
始振り回されっ放しで大変大変。でも、その振り回され
具合に慣れてくると案外楽しく感じられたりも。
 今回は前巻私が躓いた“設定説明盛り込み過多”が見
事に解消。欲しい時に適度な説明が挿入されていて実に
読み易くなっていた(この辺は2巻目だから把握するの
が容易だった、というのもあるんだろうけどね)。一番
の旨味で期待していたバトル描写も充分な手応え、加え
て各キャラクターの肉付けもしっかり為されていたので
なかなかの満足感。
 ただ、今回の敵・アラウディアに関してだけちょっと
した不満が。いや、結局の所何がしたかったんだろう?
 って疑問がね。この展開に沿って言うなら“生き長ら
える為”だと思うんだけど、肝心の『本体』の意志が最
後の最後まで隠れてたもんだから、存在感はあれども存
在意義を見出せなくて……。もしかして、逆に誰かに自
分を葬って欲しくてこんな行動を取っていたのかなぁ、
とか。考えてみても結局憶測の域は出なかった……。

既刊感想:警極魔道課チルビィ先生の迷子なひび