ぼくと彼女に降る夜 ザ・パーティー〜生贄をふるうモノ

[著者:八街歩/イラスト:深崎暮人富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★★

 シリーズ第4巻。いやぁ、何にしてもエリザベー
トの存在感は凄ぇなと(今回はメインストーリーと
あまり絡まない終盤からの登場だったのに)。八祖
の代表者達をあっさりブチ殺す狂気ぶりは凄まじい
モノがあるな。しかも己が狂っているのを自覚した
上で、欲望を成就する為の知謀を巡らせる頭脳も有
しているから余計性質が悪い。なんか彼女の狂気が
登場する直前まで繰り広げていた、ナイトと五聖竜
キョウシロウとの死闘が霞んでしまったぞ……。
 そのエリザベートが起こした凶行とシュトレンベ
ルグとの対話、更に意識のみ顕現した『先生』の呟
きから重要な新事実が次々発覚。単に選出者同士が
戦うだけでは済まされない、って事だろうなぁ。

既刊感想:ナイトサクセサー〜夜を継ぐ者
     フェイクマスター〜虚夢を語る者
     フールジェスター〜道化る愚か者