龍ヶ嬢七々々の埋蔵金1

[著者:鳳乃一真/イラスト:赤りんご/ファミ通文庫]★★

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金1 (ファミ通文庫)

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金1 (ファミ通文庫)

 第13回えんため大賞『大賞』受賞作。
 家業を継ぐのは嫌だ! と言ったら父親に「家を
出て行け」と即刻追い出された挙句に島流しにされ
てしまいました。主人公・八真重護が父親に反発し
た結果、住人の多くが学生の人工学園島『七重島』
で一人暮らしをする羽目になり、超格安物件に釣ら
れて契約したアパートの一室で、そこに住まう美少
女地縛霊・龍ヶ嬢七々々と出逢う事になります。
 七々々を成仏させるには、この部屋で彼女を殺し
た真犯人を見つけ出さなければならず、その為に役
立つであろう、七々々がこの七重島の各地に遺した
『七々々コレクション』を発掘する。それが目下重
護に与えられた役割です。重護の家業がどうやら意
図的に伏せられていたので、何だろうなとずっと気
になってたのですが、明かされて納得。大きな価値
のあるお宝が沢山あって、自称名探偵も居るのだか
ら、この物語にはまさに必要不可欠な存在ですね。
 七々々は自由に動けないせいもあるのですが、あ
まり重護の行動に深く踏み込まない傍観者的立場な
感じです。名探偵の壱級天災の方がメインヒロイン
っぽい印象でした。七々々殺害の容疑者も浮かび上
がりましたけど、まだ色々と分からないですね。