SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

規格外の錬銀術師、最凶吸血鬼の始祖となる ~蒼はアルケミスト学園と踊らない~

[著者:枕木みる太/イラスト:おっweee/電撃文庫]★

乗り切れず
 なんかこう、登場人物達が物語に上手く噛み合っていないような、ざっくりとそんな印象だったかなあ。翠川つかさの介入が何となく中途半端で、颯天の事はあっさり片付き、重要そうな九炉との出逢いや交流はそれほど重視して描かれず、『薔薇十字軍』の名前だけの脇役キャラ出し過ぎ、とか不満は色々でした。

何故?
 何が原因でイマイチ乗り切れなかったのかと考えて、学園モノをやりたかったのか、人間と吸血鬼の確執を描きたかったのか、錬金術の設定を駆使したバトルがやりたかったのか、ハギオと九炉の復讐劇を描きたかったのか。あっちこっちに飛び散り過ぎて、結局どれも半端になってしまったから、でしょうかね。

これが見たかった
 ハギオは一体何の為に居るのか。そんな彼に対して七瀬は、颯天は、つかさは、九炉は、それぞれどう言った感情を抱きながら、関り接して影響を与えてくれるのか。その辺りの人間関係をね、もっと深く描いて見せて欲しかった。