たま◇なま 生物は、何故死なない?

[著者:冬樹忍/イラスト:魚/ホビージャパン HJ文庫]

たま◇なま ~生物は、何故死なない?~ (HJ文庫)

たま◇なま ~生物は、何故死なない?~ (HJ文庫)

 第1回ノベルジャパン大賞『大賞』受賞作。
 話したい事があって、主張したい事が一杯あって、伝
えたい事が沢山あって、それらを知って欲しいとか分か
って欲しいとか理解して欲しいとかって気持ちが物凄く
込められていて。でも、そういう気持ちは感じ取れるん
だけど、ちゃんと自分の中に受け入れるまでがなかなか
容易でなく、だからもどかしく思う。要約すると「惜し
い」で「勿体無い」。
 ちなみに、私がこの物語のテーマというのか“描きた
い事”というのか、曖昧ながら掴めたのはようやく全体
の三分の一を過ぎた頃。多分由宇が自分の本質や目的の
詳細を透に語り始めた辺り。「……そんな重要な事はも
っと早く話しておいてよ〜」って言いたくなった。その
せいで作品全体のテンポはいいのに、肝心な部分がさっ
ぱり理解出来てないからだらだら〜っと間延びした印象
だったり、と妙な気分を味わってしまった。
 でも、あとがき読んだら速攻理解……なんてこった!
「後からあとがき読む派」な為にこんな所で割を食うと
は。由宇の主張=探求し理解したいと思っていた事って
のは、あとがきに語られている中に殆ど集約されていた
のでは? この主張が本編では圧倒的に物足りず。本編
でこそより深く掘り下げ押し広げて欲しかった。む〜ん、
現在シリーズ3巻まで刊行されているけれど、上昇気流
を求めて追ってみようかどうしようか……。