マリア様がみてる マーガレットにリボン

[著者:今野緒雪/イラスト:ひびき玲音集英社 コバルト文庫]★★

 シリーズ第31巻。オール書き下ろしの短編集。読者の
要望に応える形で、よりファンサービス的要素が多く盛
り込まれていたな〜という印象。今あの人はこんな日々
を送ってますよ編(蓉子、江利子)、あの時あの人(物)
はあんな事をやってましたよ編(聖、祐巳の青い傘)、
名前の呼び方編、未来日記編、志摩子の出生編、に加え
て幕間の二年生三人娘のホワイトデーお返し準備編。
 ファンサービスの意味合いが強く出ているって感じた
のは、先代薔薇様方のエピソードがあったから。今や本
編ではなかなか絡ませ難い所ではあるし、でも常に「卒
業して行った彼女達は今頃どうしてるだろうか?」って
気持ちはあるから、やっぱり嬉しかったなぁと。
 青い傘の放浪は主要メンバーが登場しないちょっと珍
しいエピソードで、想像以上に大冒険だった事実が明か
された事も含めて一番印象に残ったかも。あと本編で祥
子と令が一切登場しないってのも珍しいよね(これは卒
業エピソード前の静けさってやつなんだろうか?)。

既刊感想:『マリア様がみてる』感想一覧