カクレヒメ

[著者:佐竹彬/イラスト:草野ほうき/アスキー・メディアワークス 電撃文庫]★

カクレヒメ (電撃文庫)

カクレヒメ (電撃文庫)

 梓はツンデレとクーデレの中間くらい。割とあっさ
り本質を明珠に見抜かれている姿は、実に可愛らしく
微笑ましい。しかしこの仕草や態度を眺めてみても、
やっぱり梓の方が年上には見えんよなぁ。この辺は8
年間隔離されていた弊害なのか、それとも元々童顔&
幼児体型なのか……ってな事を考えて心を読まれた日
には、一体どんな仕打ちを受けるやら(無視か拒絶か
二度と面会不可か。これが心を開いた明珠に対してな
ら“ツンデレ対度”として可愛く済みそうだけど)。
 『感覚拡大症』という設定は、梓の強制読心は「ど
こぞで見た事あったかな?」で、対して明珠の触覚透
過は「あまり触れた事のないもので新鮮」という手応
え。今回は梓と心を通わせた所まで。面白さが増すか
どうかは特殊症状の活かし方次第、かな? 他の特殊
症状を持った入院患者も登場して来るだろうか。