SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん6 嘘の価値は真実

[著者:入間人間/イラスト:左/電撃文庫]★

 シリーズ史上最大の理解不能度で、ぶっちゃけ過去の登場人物とかサッパリ覚えてねーよ! な心境に陥ってしまってゴメンなさい。決して脇役達の印象が薄いんじゃなくて、みーくんまーちゃんの個性が彼等彼女等の個性を軽く打ち消しちゃうくらい濃すぎるんだと思う。で、途中横道逸れての脇役達の視点は何だったんだろう? という疑問。みーくんまーちゃんを際立たせる為の手段? 伏線でも張られてたか? それとも意表を突いて意味はない、とか? そういうのを考えれば考えるだけ深みにハマってしまう実に嫌らしい(良い意味でも悪い意味でも)内容だったなぁ。

 あとは何だろ? 「みーくんは、わたしが死んじゃったら泣く?」というまーちゃんの質問に対して、みーくんが身をもって答えを導き出してみせた、というただそれだけの話……と捉えれば実に簡単な内容だったのかも? まあ正答なんかは闇の中。ラストの真相がどんなでも、終わろうが続こうが驚きはしない。

既刊感想: