機械じかけの竜と偽りの王子

[著者:安彦薫/イラスト:Tomatika/アスキー・メディアワークス 電撃文庫]★★

機械じかけの竜と偽りの王子 (電撃文庫)

機械じかけの竜と偽りの王子 (電撃文庫)

 個人的に好物な要素(偽王子とか隣国同士の戦争
とか自国上層の不和だとか機巧鎧とか)が多くて好
きな部分と、ストーリー展開とキャラクターの動向
に首を傾げたくなる微妙な部分とのせめぎ合い。
 まあ総じてイアンを中心としたリュクサリア軍勢
に都合良過ぎる展開に、何となく引っ掛かりを覚え
たりしたんだけど(この辺は好みの問題?)、結局
一気呵成の物語の勢いに押されちゃった感じ。
 キャラクターは魅力的な人材が揃っているので、
巧く描き分けてそれぞれを深く掘り下げて行って欲
しいな。今回は何と言っても忠義を全うしたアシュ
フォードさん。めちゃくちゃ格好良かったぜ!