パララバ −Parallel lovers−

[著者:静月遠火/イラスト:越島はぐ/アスキー・メディアワークス 電撃文庫]★★

パララバ―Parallel lovers (電撃文庫)

パララバ―Parallel lovers (電撃文庫)

 第15回電撃小説大賞『金賞』受賞作。
 綾と一哉、片一方ではどちらかが死んでしまって
いる世界同士が、携帯電話を通じて『パラレルワー
ルド』として繋がる事が出来たという事実は、人生
でたった一度きりの“起こり得ない奇跡”として捉
えておくのが自分では一番納得出来る形かな。終わ
ってから「どうしてそうなったの?」と疑問を抱い
てみても、結局物語中で明確な回答は得られなかっ
たし。綾にとっても一哉にとっても、大切な人が死
んだ事に対しての悔恨を払拭したい、未練を残した
くない、という強い想いがあって、そういうのが平
行世界を繋ぐ奇跡を起こしたんじゃないかなと。
 ちょっと自分好みな方向とは違ってたけど、二人
の結末とラストシーンが良かったので充分に満足。