デーゲンメイデン2.池袋、穿孔

[著者:田口仙年堂/イラスト:柴乃櫂人富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★★


 今回の最大の見せ場は、出逢ってしまった恋人同
士・練司といすか。正直、再会が想像してたのより
ずっと早くて「もう出逢っちゃうの?」って印象だ
ったけど。でも、何でいすかがロキに身を寄せる事
になったのかはまだ分からない。いすかのDアーム、
クラウ・ソラスが接触してるので、次で色々明かさ
れそうだけど。ただ、どうも簡単に練司とは一緒に
なれなさそうな“何か”がありそうな感じもするん
だよなぁ……。単純に弁慶機関vsロキという構図じ
ゃ無くなりつつある状況で、双方の関係性がどうな
って行くのか。あとは消えた草薙と、全ての元凶っ
ぽい『グングニル』の存在が気になる所かな。

既刊感想: