読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ストライプ・ザ・パンツァー

読書感想

[著者:為三/イラスト:キムラダイスケMF文庫J]★★★

 第9回MF文庫Jライトノベル新人賞『優秀賞』受賞作。
 交通事故で瀕死の重症を負ったヒロイン・姫川響
子を救う為に、自らの身を投げ出す主人公。命を救
った響子の兄が行方不明中だと聞かされ、一緒に捜
索をしようと親身になって彼女を支える主人公。時
に響子の学校で起こった盗難騒動を解決しよう行動
し、時に兄に会えず悲嘆に暮れる響子を優しく慰め
たり、時に響子を付け狙う危険な存在と壮絶な死闘
を繰り広げ命懸けで彼女を護ろうとする主人公。
 響子の兄・礼二が既に何者かに殺されているかも
……なんて話も浮かび上がったりして、この物語に
おける“ある一点”を完全に無視して全体を見渡し
てみると、実は凄く真面目でシリアス寄りで、終盤
には熱い戦いまで展開される内容なんですよね。
 でも、どれだけ真剣に語られようと「だってこの
主人公って縞々パンツだしな……」となってしまう
んですよ。読んでいて、ふと我に返ったその時心境
と言ったら、どう表現したらいいのか分かりません
でした。一言で表すなら「ぽかーん」でしょうか。
 とは言えインパクトは絶大でした。この一点で突
き抜けた感じは大好きです。良し悪しはまた別とし
て、とても印象に残る忘れ難い物語になりました。