戦うパン屋と機械じかけの看板娘7

[著者:SOW/イラスト:ザザ/HJ文庫]★★

 やっぱり戦争が残した後遺症は、なかなかルート
を自由にしてくれないです。歴史上から無かった事
にされた『ラプチュリカの虐殺』は、ワイルティア
軍と関係者には明確な弱味であり、闇に葬っておき
たい側と全てを白日の下に晒したい側との潰し合い
は続いている。少なくともこの問題が鎮火しない限
り、いつまでもルートは過去の呪縛から逃れる事が
出来ない。そして、今の所収束する目処は立ってい
ない。何とか苦しみから解放してあげたいですよ。
 今後は軍と平和教とがやり合う事になるんでしょ
うか。まあ何にしても今回、後味悪い結末にならず
胸を撫で下ろしました。とは言え彼女は無事とは言
い難いですし、どう扱われるのか気になりますね。

既刊感想: