なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか? 運命の剣

[著者:細音啓/イラスト:neco/MF文庫J]★★★

 初っ端から心を鷲掴みされました。自分にとって
好きな要素が一杯詰まってたからなのか、何がこう
も気持ちを掻き立てるのかハッキリ表現出来なんで
すけど、とにかく強烈に心惹かれる物語でした。
 カイが終盤でこうだと明確に思い至るまでは、確
かに彼だけ別の平行世界に飛ばされたような感覚で
したよね。実際にはまだまだ到底手の届かない場所
に“真実”とやらが存在するようで、それでも現時
点で実に様々な想像予測を巡らせる事が出来る、そ
う言った描き方が面白さに繋がっていたのかなと。
 最初はカイ=英雄シドと考えてましたが、さすが
に突飛過ぎるか。シドについても正史でも今でも不
明点が多いので、出自も含め色々気になる所です。