最強喰いの(ジャイアントキリング)ダークヒーロー3

[著者:望公太/イラスト:へいろーGA文庫]★★★

 これまでの戦闘パートに対して今回は日常パート
な内容でした。描写の部分で派手さは無いですが、
双士郎のねっとりとした嫌らしい権謀術数は健在で
す。むしろ肉体弱者で本来戦闘に不得手の双士郎に
とって、この日常での暗躍こそ本領発揮って感じで
したかねえ。手腕が余計に冴え渡ってましたよ。
 もう双士郎の全ての動向において、何か裏の真意
があると疑う事にしています。が、強く彼への疑念
を自分に抱かせたとしても、リザや弓への対処を見
るとどうしても勘違いしちゃいます。それこそが双
士郎の狙いかも知れないし、結局疑心暗鬼の穴に飲
み込まれてしまう。例えば風邪を引いてリザに弱み
を見せたのにも狙いがあったのだろうか、とかね。

既刊感想: