キリングメンバー 〜遥か彼方と冬の音〜

[著者:秋月陽澄/イラスト:さらちよみ電撃文庫]★★

 初期段階で提示された謎は殆ど開示され、盛り込
まれた伏線は大体回収されたと思います。彼方の真
意が最後の方までなかなか掴み切れなくて、このま
ま曖昧に片付けられ迷子になってしまったらどうし
ようか、と。決して気持ち良く終われたわけでは無
いですが、彼方の意図はしっかり確認出来たので余
計なモノを溜め込まずに済んでホッとしました。
 この登場人物達の中で、最も恐怖を覚えたのは実
は詩織でした。詩織のその事実は間違いなく存在し
ているのに、詩織のそれだけは異様に希薄に感じら
れてしまって。他の人間も同じ事をやっているのに、
詩織のそれだけ軽く流されているような感じだった
り。異質じゃないのが異質に見えてしまいました。