英雄の娘として生まれ変わった英雄は再び英雄を目指す

[著者:鏑木ハルカ/イラスト:晃田ヒカ/角川スニーカー文庫]★★

 第2回カクヨムWeb小説コンテスト『特別賞』受賞作。

 転生前から引き継いだ豊富な知識量に対して、脆
弱な女児の身体能力が全く付いて行けてない。レイ
ド=ニコルは3歳児、5歳児にしては年齢相応以上
に活動的だなあって眺めていましたが、時にこの実
情が頭から抜け落ちてしまう迂闊さは、“幼児で無
双”とはまた一味違った印象で面白かったですね。
 まだ始まったばかりでニコルが目指す先も漠然と
したもので、とりあえず魔法の力を伸ばす方向で進
んで行きそうですが、何処から“英雄を目指す”意
志がニコルの中で明確になるのか楽しみな所です。
 最後の前日譚は、結末が分かっているので余計心
に突き刺さるもので。特にコルティナとフィニアに
は、話が進むに連れて何か救済があればいいなと。