君と夏と、約束と。

[著者:麻中郷矢/イラスト:磁油2/GA文庫]★★

君と夏と、約束と。 (GA文庫)

君と夏と、約束と。 (GA文庫)

 第9回GA文庫大賞『奨励賞』受賞作。

 喜野が二人の間に割り込んで唐突に語り始めた時
はかなり面食らいましたが、ヒナタが口にした喜野
の過去に僅かながら出自のヒントらしきものもあっ
たので、一応は納得出来たかなと。本来は喜野につ
いても掘り下げて欲しい気持ちはありましたけど。
 ヒナタも葉月も、お互いに相手を好きな気持ちが
あって、でも本当は求めている人とは“違う”とい
う気持ちもあって、全部受け入れた上でのこの展開
は、大きな辛さや切なさを抱きつつも、とても素敵
で清々しいものでした。が、ただ一点、本来ヒナタ
が欲した葉月の事はずっと放置で、それ故にこの結
末は容易には受け入れられずで。完結編とでも副題
つけて、その辺をハッキリさせて欲しいものです。