SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

ある日から使えるようになった転移魔法が万能で生きるのが楽しくなりました

[著者:まるせい/イラスト:イセ川ヤスタカ/富士見ファンタジア文庫]★★

第4回カクヨムWeb小説コンテスト SF・現代ファンタジー部門『大賞』受賞作
 ある日突然『転移魔法』を使えるようになった主人公・唐山悟が、現実世界と異世界を行ったり来たりでそれぞれの状況を楽しみながら日々を過ごす物語。

発現した原因
 今の所は全くの不明。何かなければやっぱりは納得出来ませんが、でも語られなければ「そう言うものなのか」で済んでしまいそう。悟の身に隠された〝何か”があれば面白そうですが。

自由自在な『転移魔法』
 一方通行ではなく往復可能で、しかも悟の意思で割と自由に行ったり来たりが出来る。現実世界と異世界、それぞれに別の物語の展開があって、今はまだ悟が往復するだけで他に接点は無い状況。

二つの世界
 異世界側は、現実世界側と接点を持ちたがっている様子が描かれていましたが、その意図まではハッキリ分からない。悟以外の人物も転移可能なようなので、いずれはリリ―か翼が別世界へ渡る事になるのかも?