黄昏色の詠使いIII アマデウスの詩、謳え敗者の王

[著者:細音啓/イラスト:竹岡美穂富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★

 『名詠式』の本質の奥深くへ踏み込み始めた所。これ
まで張った伏線を少しずつ回収しながら、更に別の伏線
を敷いて進んでいるような状況。今回は幾つかの視点か
ら、それぞれがどのようにして『名詠式』に相対するつ
もりなのか? そこら辺の様子と、あとは「クルーエル
って一体何者?」ってとこかな印象に残ったのは。
 ネイトの夜色名詠、クルーエルの“触媒を介さない”
緋色の名詠、敵対者ミシュダルの灰色名詠……これらが
誰に対してどのような影響を及ぼしてゆくか? と言う
のはまだ明確ではなくて。ただ、現状を見る限りあまり
良い方向へ行くような雰囲気ではないよなぁ。
 まだ名前だけしか出てない人も居れば、想像は付くけ
れども不明瞭で不確定な存在も居たり、名詠式の本質が
深く語られるのもまだこれからの事だし、ネイトとクル
ーエルの関係も気に掛けたい所で、何かともどかしい思
いに駆られてしまった今回。謎とされている部分が一つ
一つ紐解かれる度に、嬉しさとか充実感とか、そういう
気持ちが込み上げてくるような展開になって欲しいな。

既刊感想:III