オイレンシュピーゲル弐 FRAGILE!!/壊れもの注意!!

[著者:冲方丁/イラスト:白亜右月角川書店 角川スニーカー文庫]★★

 両方読んで思い知る。この巧みに計算し尽くされた業
の数々。片方だけでは全てを語らず、もう片方に触れて
初めて事件の全容が掴める仕組み。分からない事だらけ
にならないようバランスも考慮されていたし、片方で不
明瞭だった事がもう片方でちゃんと解明されている。こ
れ、よく考えてみると整合を取るのがかなり面倒臭かっ
たんじゃないだろか、と。そういうのを破綻もなくやっ
てのけている辺りはホント凄いなぁと思わされた。
 さて、対の『オイレン』。向こうが主に七つのテログ
ループの謎を追っていたのに対し、こちらは主に『荷物』
のリレーの行方を追い続ける展開。後手に回ってた感じ
はあまりしなかったんだけど、行動が制約・制限されて
しまう状況が結構あって、こっちも何だかんだで妙にむ
ずむずな感触だったわ〜。結局終盤のフルボッコは鬱憤
晴らしって意図があったんかなぁ? でも、あの邂逅は
双方に触れて改めて「ああ〜いいわ〜」って溜息が漏れ
た。物語の“リンク”の醍醐味を充分に味わえて非常に
満足。次はどんな形で交錯するのか今から楽しみ。

既刊感想:
オイレン
スプライトIII