大伝説の勇者の伝説1 行く先未定の大逃亡

[著者:鏡貴也/イラスト:とよた瑣織/富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★★

大伝説の勇者の伝説〈1〉行く先未定の大逃亡 (富士見ファンタジア文庫)

大伝説の勇者の伝説〈1〉行く先未定の大逃亡 (富士見ファンタジア文庫)

 満を持して新章開幕。おおー、これはなかなか。前シ
リーズの最後に“これまではプロローグだった”なんて
言ってのけちゃっただけの事はあるなーと思った。
 まず初っ端から「飛ばし過ぎじゃね?」って感じるく
らい加速が掛かっててちと驚いた。これまでシオンの影
に潜み闇となり裏で暗躍していたルシルやフロワードが
表に出張って来たのと、思わせ振りに描き続けていた幾
つかの謎について出し惜しみしなくなった辺りがこれま
でとは違う感触だったかな? 秘匿された部分をどんど
ん解明させてゆくような勢いがあって良かった。
 ライナとフェリスのうんざりさせられる脱力夫婦漫才
は相変わらず。ただ、今度はそればかりじゃくて、だら
けそうになる所でシリアスモードに移行する、と言った
具合。ライナは初心を思い返し決意を新たに、フェリス
はいきなり強襲受けて絶体絶命。本編突入直後から急転
直下な二人の逃亡劇。果たして次は何処へ向かう?

既刊感想:『伝説の勇者の伝説シリーズ』感想一覧