緋色のルシフェラーゼI

[著者:伊藤イツキ/イラスト:KeG/富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★

緋色のルシフェラーゼ〈1〉 (富士見ファンタジア文庫)

緋色のルシフェラーゼ〈1〉 (富士見ファンタジア文庫)

 ショタコン少女の妄想癖は、大好きな男の子を護る
為に剣を振るう力となる。しかし、歯止めの利かない
少女の妄想力の前に、男の子の感情表現存在感その他
諸々が介入する余地は無かった……ってな印象。
 いずもはまだ小学校上がりな幼馴染み美少年・紺太
が好きなだけであって、ショタ癖があるかどうかは分
からない(これで他の男の子に目移りするようだった
らそのケありだろうけど)。“ショタ入り”ってより
はむしろ、“ツンデレ少女視点で一人称描写してみた
らこうなっちゃいました”って感じでないかい? そ
こにプラス乙女の妄想大量混入みたいな具合で。
 大体の所で想像と覚悟は出来てたけど、想像以上に
いずもの紺太きゅん好き好き妄想大暴走な感情描写が
物凄かった。色々あったのに、もうそれしか印象に残
ってねぇ。戦いで雰囲気引き締まってなければ、終始
“もきもききゅー”な妄想一色に染まっていたに違い
ない(まあ割と好きなんだけどね、こういうのも)。