ソード・ワールド・ノベル ダークエルフの口づけIV

[著者:川人忠明/イラスト:椎名優富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★★

 シリーズ完結。アマデオには常にベラの加護が付い
ている。たとえどれだけ離れようとも、生きる“世界”
が違うとしても。一見してアマデオだけ都合よく生き
残っているようでいて、根底には必ずベラの気配が存
在し、ベラの意思が介入している。ただ、アマデオに
は絶対気付かせないように暗躍していただけの事。
 彼女がそういう振る舞いを見せていたのは……アマ
デオが策謀渦巻く裏の世界に足を踏み入れないように、
表の世界でエビータ姫と歩めるように……そんな意思
が働いていたんじゃないかなぁと(問い掛けた所で、
はいともいいえとも答えては貰えないだろうけど)。
 アマデオは裏の策謀の果ての真実を知らぬまま、ベ
ラと袂を分かち表の世界へ歩み始める。でも、ベラと
交わした“契約”=ダークエルフの口づけが有効であ
り続ける限り、何時か何処かで必ず二人が再び回り逢
う日が来るだろう、と。そんな風に信じていたい。

既刊感想:IIIIII