阪急電車

[著者:有川浩/イラスト:徒花スクモ幻冬舎]★★★

阪急電車

阪急電車

 これは悔しい! 実に悔しい。だってこの物語読ん
で「すげー今津線に乗りたい!」ってどれだけ思って
も、東京住まいの私にゃ簡単には乗れないもの。
 ああ、今津線に乗ってこの物語の行く道を追体験出
来る人達が羨ましい。いや、読了後ホントに羨ましく
なるから。それで簡単に乗れない自分が悔しくなるか
ら。前もって今津線乗車を実体験していたり、或いは
後で容易く体験出来る環境にあれば、もうそれだけで
楽しさや面白さが倍加するんじゃないかなぁと。
 電車の中で。人と人との偶然の出逢いと別れがあり、
偶然に偶然が重なって幾人かの想いを揺り動かし、共
鳴するように惹き合い、そのまま共に寄り添う想いも
あれば、また離れてゆく想いもある。次々と重なり影
響し合う登場人物達の“想い”の描写が本当に素晴ら
しい。現実の電車の中では、こう物語みたく上手い事
“偶然の巡り合わせ”なんて風には行かないんだろう
けど、もしあったとしたら素敵な事だろうなぁ。