サイレント・ラヴァーズIV 真実を君に

[著者:吉村夜/イラスト:結賀さとる富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★★

 シリーズ最終巻。アンタレスにとっては「俺の本
当の戦いはこれからだ!」エンドなんだけど、全体
的な物語の結末はこれ以上ないくらいの大団円。七
都市連合軍とカイオン軍との悲惨な戦争は真の意味
で終わりを告げ、訪れた平和維持と更なる発展の為
のアンタレスの物語はここから新しく始まる、と。
 ……ん〜いいね〜、実に理想的なエンディングで
良かったねぇ。欲を言えば、カイオンを裏で操って
いた『神』との戦いは、もうちょい長期的な流れで
読んでみたかったかなぁと。物足りなさはそのくら
い? セツナとアンタレスの関係は予想の上を行く
真相で吃驚させられたけど、ヒバナとのこういう結
ばれ方は凄く満足のゆくもので嬉しかったなと。

既刊感想:IIIII