黄昏色の詠使いVIII 百億の星にリリスは祈り

[著者:細音啓/イラスト:竹岡美穂富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★★

 何事も『適度』『適量』が一番だよねー、と言う
のを思い知った巻。真相を出さなさ過ぎなのは欲求
不満が溜まり易いんだけど、逆に出し過ぎなのはと
にかく疲れるなー。把握しなきゃならない要素が余
りに多く、しかもノンストップで怒涛の如く流れて
くるもんだから途中で頭がパンクしそうになってし
まったよ(熱暴走寸前で確実に煙が上がってた)。
 まあクルーエルの真相を語るには名詠式の根幹を
語る事が不可欠で、数珠繋ぎのように様々な要素を
次々語らなければ解けない謎だったから、説明過多
も仕方なかったのかなと。お陰でしっかり掴めた後
は至極スムーズに読み進められたし。あとはネイト
とクルーエルの精一杯を黙って見守るしかない。

既刊感想:IIIIIIIVVIVII