宝石吐きのおんなのこ2 〜めぐる記憶とはじめての冒険〜

[著者:なみあと/イラスト:景/ぽにきゃんBOOKS]★★

 スプートニクの回想から過去へ遡って、クリュー
の「はじめてのおつかい」へと繋がってゆく展開。
 クリューの他人を恐れる部分が抜け切れなくて、
現在とは大分違うなーと不安を抱きつつはじめての
おつかいを見守る視線は、スプートニクと同調する
ものでした。最初はクリューが間違うのも含めて、
全部スプートニクの仕込みかと思ってましたよ。
 クリューの小動物のような可愛らしさは過去も現
在も変わらないですが、天真爛漫な姿は人馴れした
今の方がより表に出ているなと感じました。そんな
違いにも触れる事が出来て良かったですね。
 体質についてはまだ謎のまま。ですが、近付くに
つれて今の平穏が脅かされそうな気もするので、知
らないままでいて欲しいって気持ちもあります。

既刊感想: