孤高の精霊術士2 ―強運無双な闇王封印物語―

[著者:華散里/イラスト:ryuga/ダッシュエックス文庫]★★

 言われてみれば「そういや強運だったか」と気付
かされる程度で済まされているのは、多分露骨に強
運さを強調していないからではないだろうかと。
 ハルキにそもそも自覚がなさそうな感じですから
ねえ。「俺って強運の持ち主すげぇぇぇ!」じゃな
くて、「強運だけで生きててホントすいません」で
すから。何にしても謙虚な姿勢なのは良い事です。
 事件性は盛り込まれていても、メインとなってい
るのは新キャラ登場の部分。着実にハーレムエンド
に向かってひた走り続けてますが、ここに関しては
ハルキは完全に無頓着なんですよ。迫られれば意識
しているので鈍感って程じゃないんですけど。強運
であっても軽々乗り切れなさそうな問題ですね。

既刊感想: