先生とそのお布団

[著者:石川博品/イラスト:エナミカツミガガガ文庫]★★★

 小説家、作家、物書き、など呼び方はそれぞれで
すが、単純に「何で書き続けるのを辞めようとしな
いんだろうなあ」が一番先頭に浮かんでいました。
 理由もそれぞれ、向き合う姿勢も気持ちも感情も
それぞれだと思います。ただ、その道を目指す事の
無い人間からすれば、やっぱりどうしても、その疑
問は残ったままで理解するには至りませんでした。
 もしかすると、そんな風に書き手の奥深くを覗か
せ、“理解の出来なさ”を伝える事こそが狙いだっ
たのかも……実際の所はどうか分かりませんが。
 初っ端のフィクションの予防線に「ええー?」と
かなりましたけど、例えばこんな作家の生き方を見
せられたら、ずっと追い続けたくもなりますよね。