軍師/詐欺師は紙一重

[著者:神野オキナ/イラスト:智弘カイ講談社ラノベ文庫]★★

 やっぱりさあ、いきなり異世界に放り出された時
の心境ってこのカタルのようなもんだと、それが至
極真っ当な反応だと思ったわけですよ。作風や設定
その他諸々の差異は勿論あるんでしょうけどね。
 カタルが異性界での自分の立場に、戸惑いを覚え
たり不安に追い込まれたり葛藤に押し潰されそうに
なったり。そういうのが妙に新鮮に感じられたのは、
昨今異世界を容易く受け入れてしまうケースが多い
からなのかどうか。たとえ自分に有用な能力が備わ
っていたとしても、実際なかなかすんなり行かない
と思いますよ。結果的に祖父の名声が後押ししてく
れたとは言え、異世界で生きる事を受け入れるまで
に結構な時間を要した展開は印象に残りました。