死霊術教師と異界召喚

[著者:降次飛行/イラスト:ヤッペン/富士見ファンタジア文庫]★★

死霊術教師と異界召喚 (ファンタジア文庫)

死霊術教師と異界召喚 (ファンタジア文庫)

 第29回ファンタジア大賞『入選』受賞作。

 特に物語の根幹を担っている死霊術について、非
常に力強く惹き付けられる魅力が満載でした。使役
者たる主人公のトランが、落ちこぼれで偉そうな癖
に頼り無い、などなどヘッポコ性質盛り沢山なキャ
ラだったもんで、本当にこの人死霊術の特性を伝え
てくれるんだろうか、と心配になったりしました。
 ピーシアがトランのダメっぷりを指摘すればする
だけ彼の株が下がってゆく仕様でしたが、中盤以降
一気に好感度を盛り返しました。魔術才能なしの言
葉に偽りは無くとも、他に一点特化の強みがある事
が武器になり得るのを証明してくれてましたね。
 過去の英霊次第で色々盛り上がれそうだし、ピー
シア姉の存在も気になるし、続いて欲しいですね。